ひと・もの・自然、調和が奏でる躍動のまち  ここでは観光情報をご案内してまいります! 

四季・花

四季・花

□道の駅くにの松原おおさき周辺 桜並木
□持留農業構造改善センター 芝桜
□持留地区の『ほたるの里』
□ふれあいの里公園内 日本庭園の花菖蒲
□菱田地区・在郷集落のコスモス畑

道の駅くにの松原おおさき周辺 桜並木

道の駅くにの松原おおさきには、道の駅の入口から、ふれあいの里公園まで広範囲に桜が植えられています。桜が見頃を迎えると、毎年多くの花見客で賑わいます。

◆見頃 3月下旬~4月上旬
  

持留農業構造改善センター 芝桜

県道64号線(大崎-輝北線)の途中にある持留農業構造改善センター。
持留地域づくり協議会が立ち上げの2012年に芝桜を植え、毎年少しずつ苗を増やして、センターを取り囲むように咲くピンクの絨毯は見ものです。

◆見頃 シバザクラ/3月下旬~4月中旬

  

持留地区の『ほたるの里』

大崎町持留地区には通称『ほたるの里』と呼ばれる場所があります。
以前は下西石油店横近くにホタルに関する看板が立っていましたが、今は持留・岡別府地域保全協議会の看板に変わっています。
下西石油店横近くで多く飛んでいたホタルは拠点を変えたようで、最近では岡別府公民館近くの交差点より持留川沿いに入る田園の中で主にホタルの観察が楽しめます。
主に観賞できるホタルの種類はゲンジボタル(自然発生)です。
観察の際には、静かにし、ホタルを取るようなことをしないように、ご配慮下さい。
また、夜間の畦道の運転や、雨上がりの通行には十分ご注意ください。
DSC_1474-小 DSC_1416-小

場 所 大崎町持留地区
大崎町岡別府公民館から入った田園『ほたるの里』
時 期 5月中旬~6月上旬
時 間 19:30~21:00頃
条 件 ・無風
・気温が高く雨が降りそうな曇りの日

ふれあいの里公園内 日本庭園の花菖蒲

ふれあいの里公園の隣にある、日本庭園の南側560㎡に約2,000株の花菖蒲が植えられていて、5月下旬ごろから6月上旬にかけて、美しい白や紫の花菖蒲が楽しめます。

花菖蒲はアヤメ科アヤメ属の多年草で、よく似た花に「かきつばた」「あやめ」がありますが、いずれも色や形がとてもよく似ています。見分けるポイントは、花弁の根もとの色・模様です。花菖蒲は黄色の目型模様、かきつばたが白の目型模様、あやめが網目模様で、区別することができます。

また、日本庭園では、アジサイも5月下旬ごろ中旬ごろにかけて見頃となります。

◆見頃 ショウブ/5月下旬~6月上旬
アジサイ/5月下旬~6月中旬

菖蒲園 2015.5.29 菖蒲園 (1)

菱田地区・在郷集落のコスモス畑

菱田地区の在郷集落公民館から目の前に広がるコスモス畑は近隣住民の癒しの空間。
菱田地域保全協議会が耕作放棄されている1ヘクタールの田畑を地域の活性化につなげようと、水土里サークル活動に参加する7集落の方々が取り組みをしました。
今後、花の数を増やしていくそうです。

◆見頃 コスモス/10月下旬~11月上旬

dsc_0313-%e5%b0%8f

PAGETOP