ひと・もの・自然、調和が奏でる躍動のまち  ここでは観光情報をご案内してまいります! 

横瀬古墳(前方後円墳)

横瀬古墳(前方後円墳)

古墳時代中期5世紀半ばに築かれたという全長129メートル、高さ15.4メートルの、埴輪を有する巨大な前方後円墳で、国の指定史跡です。志布志湾の海岸線より約1キロ入りこんだ標高約7メートルの水田の中にあります。数々の出土品があり、町中央公民館資料室に展示してあります。
県内にある古墳では一番高く、大きさは2番目です。明治時代に盗掘された際には、直刀鎧勾玉類が出土したと言われており、その後の調査では周濠の存在も確認されています。また、墳丘や濠から畿内地方の土器が出土したことや、大型の畿内的古墳であることから、被葬者は中央政権から派遣された相当の権力者と推測されています。昭和18年9月8日に国の史跡に指定されました。

横瀬古墳

所在地 鹿児島県曽於郡大崎町横瀬
問合せ先 大崎町教育委員会. 社会教育課
TEL/099-476-0548
アクセス ・野方インターより県道64号線を経由して、車で約25分
・志布志港より国道220号線と国道448号線を経由して、車で約20分
駐車場 有り

その他周辺の見どころ

神領古墳群(神領10号墳)の項目を参照

お気軽にお問い合わせください TEL 099-477-2400 受付時間 午前9:00から午後6:00まで [年中無休]

PAGETOP