2015年12月15日(火)と2016年1月3日(日)の南日本新聞に大崎町のふるさと納税について掲載されました。

2016年1月3日(日)の南日本新聞には「地域応援!ふるさと納税」の記事の中で【2015年度鹿児島県内上半期(4~9月)のふるさと納税】の寄付金ランキングで大崎町が2.5億円でトップと紹介されました。
ふるさと納税をして下さいました皆さま、有難うございました!

ふるさと納税制度は都市部と地方の税収格差を是正するために2008年に創設されました。
生まれ故郷など応援したい自治体を自由に選べ納税、2千円を超える部分は所得税と住民税から、原則、全額が控除(収入などで上限あり。)されます。
納税は各自治体のホームページや専用サイトなどから申し込め、納税額に応じて返礼品を受け取れるケースが多く(県内43市町村のうち41市町村で地元の特産品などを返礼品として贈っているそうです。)
領収書が発行され税務署で確定申告をすると、その年の所得税と翌年年度分の住民税が控除されます。
手続きが簡素化された「ワンストップ特例制度」もあります。
確定申告が不要な会社員などが対象で納税先は5自治体以内が条件です。
ふるさと納税は、貴重な財源確保と地域活性化に一役かっています。

大崎町も特産品を作っている農家や企業、商店街のみなさんが盛り上がっています。

ふるさと納税の特産品など返礼品に気になる方はふるさと納税のホームページをご覧下さい。

ふるさとチョイス http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/46468
ふるぽ http://furu-po.com/osaki/

DSC_0215